【プレスリリース】 2015年のスピリッツ市場は前年対比で0.45%の微増、過去5年間では最低の成長率にとどまる。

news-1074604_1920

2015年のスピリッツ市場は前年対比で0.45%の微増で、過去5年間では最低の成長率。

2015年の世界のスピリッツ販売量は31億3,000万ケース(1ケースあたり9リットル換算)で前年比0.45%の微増となったものの、2009年から2014年における年平均成長率(CAGR)3.8%との比較では、大きく減速したことが分かりました。

消費財や原油価格の落ち込み、また世界経済の低迷により景気が悪化したことが一因であると考えられ、実際2015年はこれらの価格によって経済環境が左右されやすい国々の輸出高が概ね減少しています。

例えばブラジル、ロシア、またアフリカの一部の国々は、原油価格などの下落に加え、米ドルに対する通貨安という打撃も受けました。このため通常スコッチウイスキーの売上に大きく貢献するこれらの国々のスコッチ販売量が今回大きく落ち込んだことで、スコッチの世界販売量は0.2%減少し9,410万ケースに留まっています。

pr_data

アメリカでのウイスキーブームの継続と好調なジャパニーズウイスキー

drink-428319_1280ウイスキーの種類別販売量は、米国産は4,080万ケースで+4.8%、アイルランド産は780万ケースで+6.4%、カナダ産は2,650万ケースで+8.6%となっており、特にウイスキーブームが席巻中の米国での好パフォーマンスがウイスキー全体の販売量増加に貢献したと言えます。またジャパニーズウイスキーも、日本国内で見られるハイボール人気や海外市場からの需要増加に後押しされ、前年比9%増の1,240万ケースとなりました。

ウイスキー以外では、テキーラが特に米国での支持を得て4.2%増の2,880万ケースと増加基調を維持、ジンは欧州市場での支持を増やし2.5%増で5,200万ケース、コニャックは米国での急伸と中国での安定した支持を得て3.9%増の1,300万ケースと過去最高の販売量をマークしています。

一方ウォッカは、米国での成長鈍化とロシア、ウクライナ、ポーランド、そしてその他の東欧諸国での売上が落ち込み1.8%減の4億7,500万ケースに留まりました。
リキュールは、フレーバーウイスキーの台頭で4.8%減の7,420万ケース、ビターズ/アペリティフも同様にフレーバーウイスキーに押されて0.2%の微増で3,820万ケースに留まっています。

プレミアム品は引き続き好調

alcohol-933367_960_720地域特有のカテゴリーにおいて、サトウキビのお酒(うち68%がブラジルのカシャーサが占める)は売上を下げ1.4%減の1億900万ケースと落ち込む一方、中国の白酒は、 接待や贅沢品の贈答行為に対する政府の厳しい取り締まりにもかかわらず1.9%増加しました。
また、世界のトラベルリテール市場が前年比3.3%減の2,180万ケースと落ち込んだことも分かっています。

一方で、世界的に高級品の人気が高まった2015年は、プレミアム品は5.3%増の1 億680万ケース、スーパープレミアム品は4.5%増の2,890万ケース、そしてプレステージ品は9.8%増の10万3千ケースとなっており、高級品の販売量がスピリッツの各カテゴリーにおいて 高い伸び率を見せました。

アジア太平洋地域

前年比1.4%増の19億7,000万ケースを販売し、地域ごとの伸び率は最大となりました。同地域最大の中国市場においては1.8%増の12億ケースに達した一方、もう一つの巨大市場であるインドでは当局のアルコール飲料に対する厳しい規制が足かせとなり1%増の3億1,400万ケースと減速しています。 

南北アメリカ地域

景気が悪化し続けるブラジルは2.6%減の1億100万ケース。一方、蒸留酒がビールに代わりシェアを拡大し続けている米国では、スピリッツ全体の販売量は引き続き好調を維持し2.2%増の2億1,150万ドルケースとなりました。南北アメリカ全体で4億4,500万ケース、0.7%微増となったのは、好調な米国がブラジルの落ち込みを一部相殺したと言えます。

ヨーロッパ

全体的には0.2%減の2億8,280万ケースとなりましたが、パフォーマンス的には二分され、アイルランドとイギリスでは0.5%増の1億3,530万ケースだった一方、中欧・バルカン地域は大きな下落となっております。

その他の地域

独立国家共同体(CIS)は、ロシアとウクライナの景気後退で大打撃を受け3.8%減の3億4,000万ケースと落ち込みました。
アフリカ地域では、 消費財価格の下落が不景気を招き、消費行動に大きく影響したため2.4%減の4,810万ケースと減少しました。

——END

【本プレスリリースに対するお問いあわせ】

IWSR社日本における総代理店
SDMJコンサルティング合同会社
代表 前田静吾
電話:080-9159-1217
住所:東京都目黒区五本木2-7-8
HP: www.theiwsr.jp

IWSRについて】

IWSRは本社をロンドンにおくワイン、ウイスキー、ビール、スピリッツなどのアルコール飲料の市場情報を提供する世界でも信頼の高い市場調査の会社で、取り扱いカテゴリーは、ウイスキー、バーボン、ワイン、スパークリングワイン、リキュールなど多岐に渡ります。毎年6月にアップデートされるIWSRデータベースは、全世界の業界関係者にご利用頂いております。

[ IWSRデータベース ]  150カ国以上の国と地域を網羅するアルコール飲料のデータベースは世界でも唯一。アナリストが直接国々を訪問し算出するデータは、最も正確なアルコール飲料の消費データとして世界で活用され、5年後の将来予測値の正確さも固く評価されております。

[ ラディアス– Innovation Tracker ] 過去5年間の2,500以上の画期的なアルコール飲料の新商品のみを収集する新商品データベースです。 専門のアナリストが常に業界の最新情報を収集します。

コメント

コメントを残す