サントリー、ハロウィンむけ数量限定で「パンプキンスペシャル」を発売。

日本のビールメーカーサントリー社がハロウィンの期間をターゲットとしたビール「パンプキンスペシャル」を発売した。

日本のハロウィン人口の増加が続いており、このトレンドをサントリー社が活用した数量限定の製品である。この「パンプキンスペシャル」はパッケージと中身でハロウィンをテーマにしている。パッケージはパンプキンの色の象徴であるオレンジを使い、影絵を使いハロウィンにマッチした図柄。中身も「ホクホク甘いパンプキン」をイメージに、濃色麦芽、醸造にパンプキンを使用するなどしている。サントリー社の手掛けるクラフトビールセレクションの第三弾「ザ・パンプキン」の発売も同時にしている。

日本におけるハロウィンの盛り上がりを数量限定の「パンプキンスペシャル」の導入でサントリー社のクラフトビールセレクションの認知向上、さらには新製品「ザ・パンプキン」の販売の相乗効果も図る狙いだ。

 

オリジナル記事【有料会員向け情報】
Suntory Pumpkin Special Beer

[本記事は、英国リサーチ企業IWSR社が提供する新製品イノベーショントラッキングサービスRadiusのオンライン記事を参照に日本において編集、翻訳して日本語記事を作成しております。内容、製品に関しては下記日本におけるIWSR担当連絡先までお問い合わせください] 

IWSR日本における担当:前田
電話:080−9159−1217
メールでのお問い合わせはこちらから

コメント